みやわきろく

思考のsandbox

ミニマリストを目指したわけではないが

 今回の転居はなにぶん急に決めたものだったから、新居で必要なものを十分に吟味しているような余裕はなかった。ミニマリストになりたかったわけでもなければ憧れていたわけでもないが、結果として生まれた「ミニマリストもどき」な生活にわたしはとても満足している。


f:id:yabuoso:20190617220658j:plain
もちろんテレビもない。情報源はラジオ

 とにかく数日でも早く、新居でとりあえずの生活ができること。これを第一条件とした。家具・家電はAmazonで評価の高そうなものを適当に買い揃え、身の回りのものはすべて宅急便で送った。もともと実家に戻った時点でかなりのものを処分していたから、所持品を送るという意味での引越し費用は宅急便代の9,800円だけであった*1


 新居は古い団地らしさの残る少し変わった間取りで、キッチンの横に洗濯機置き場があり(ただし防水パンはない)、洗濯機の排水はというとキッチンの隣にある風呂場へとホースを通すような作りになっている。風呂場へ続く扉に専用の穴が空いているのだ。指定された通りに洗濯機を置いてホースを通すと、今度はそのホースが風呂に入るときに足元で邪魔になってしまう。

どうしたものかと考えた結果、ならば洗濯機を置くのをやめよう。という結論に達した。
 住むのはひとり、出る洗濯物もひとり分。下着とタオルとシャツくらいであれば、風呂に入るついでに手洗いしてしまえばいい。開き直ってしまえばたやすいもので、今のところ洗濯機がなくてもどうにかなっている。手絞りでの脱水が足らず水滴が滴ってくるようなこともなく、もしかしたら自分は手で布を絞るのがうまいのかもしれない!と妙な特技に気がついたりする。
 洗濯物の数が必然的に減るので、部屋干しでもすぐに乾いてくれるところもありがたい。

 手洗いなので、洗剤は肌に優しくニットも洗えるウタマロ先生。

ウタマロ リキッド 400ml

ウタマロ リキッド 400ml

 お気に入りの柔軟剤。取扱店舗が少なくなってきたので、廃盤にならないか心配である。

【大容量】 ファーファ 濃縮柔軟剤 ドバイ オリエンタルムスクの香り 詰替用 1400ml

【大容量】 ファーファ 濃縮柔軟剤 ドバイ オリエンタルムスクの香り 詰替用 1400ml



 そして普通の家にありそうで、我が家にないものがもうひとつある。炊飯器だ。

 東京の家から実家に引き上げるときも、そして今回実家を離れるときも、デロンギのコンベクションオーブンだけはどうしても手放すことができず持ってくることにした。

冷めたピザを温める最強の道具 - みやわきろく

 オーブンと電子レンジをレンジ台に置くと、炊飯器の電源が取れなくなる上、置き場所もなくなってしまう。
 調べてみると、米をきちんと水に浸けることさえできていれば、鍋で米を炊くことも簡単にできるらしい。ものは試しに、と手持ちの鍋で白米と玄米を半々に混ぜた米を炊いてみると、弱火でほったらかしにしておくだけでそこそこ美味しくできるということに気づいた。
 朝に米を洗って水に浸けておき、帰ってから鍋で炊く。あるいは一晩かけて浸けておき、朝に炊く。一気に2合炊いて、余った分は冷凍しておけばいい。それは炊飯器だろうと鍋だろうと同じだ。スペースを取らず、電源に困ることもなく、うまくいけばおこげも楽しめるというのであればもう鍋でいいんじゃないか。
 こんな状況にでもならなければ、米を鍋で炊いてみるという発想にはなかなか至らなかったことだろう。


 引っ越してみて、これまで所有していた家具・家電をまた買い直すようなことになってしまい不便な点も多々ある。しかしながら、家庭という密室で精神的虐待や人権侵害をされながら肩身狭く過ごすよりもはるかに自由で、むしろ不便を楽しんでいるようなフシもある。

 モノに関して言えば、なければないで困ることはないのだ。困ったら、「○○ 代用」で調べれば知恵はいくらでも借りられる。それでもやはり不便ということであれば買えばいいのだし、わたしだって一人前に働いているのだから、家具家電のひとつやふたつ買ってしまうことはたやすい。ただ、どうせ買うのなら自分が好きだと思えるものを手に入れて、大事に使いたい。それだけだ。
 母のように、部屋の雰囲気や趣味に合わないものをあれこれとすぐに買ってきては「買ったけど合わなかった。返品したいのにできないから捨てる」というような、エコロジーとは真逆の無駄遣いをするような大人にはなりたくない。常に不要物が溢れ、引越し後のダンボール箱が数十年もそのままになっている実家の様子を見てきたからこそ、わたしは自分の手荷物を極限まで減らしたくなったのかもしれない。

 わたしの部屋は見る人が見れば殺風景にも映るかもしれない。余計な気を回してしまいがちな性分だからこそ、モノを極端に減らした部屋で生活した方が、精神力をすり減らさずに済む。そんな気がして、わたしはこの部屋をとても気に入っている。


 そうか、もうわたしは自由になれたんだなあ。

 西向きの部屋で沈んでいく陽を眺めながら、そんなことをしみじみと感じる土曜日だった。

みやわきにマシュマロを投げる | マシュマロ

*1:ダンボール5箱+サックス