みやわきろく

インタネッツに雑念を放流する

YouTube Premiumのおかげで通勤が10倍楽しくなった

 10月に転職してから半年、通勤時間片道1時間半の生活にもようやく慣れ…

慣れるわけないだろ。

1時間半、正直きついです。(笑)いや帰りはいいんだ、半分以上座れるようなルートだから。問題は行きで、JR線.zipみたいな状態でずっと耐えるのは結構しんどい。


 とはいえまだ会社の近くに引っ越すような気にもならないのでなんとか通勤時間を楽しくできないか…と思っていたところ、YouTubeが広告なしのプレミアムサービスを開始したと聞いたので早速お試しで登録してみました。

YouTube Premium - YouTube

YouTube Premiumの特徴

音声をバックグラウンドで流せる

 通常のYouTubeはアプリを閉じると音声も止まってしまいますが、Premiumにすると音声をバックグラウンドで流しっぱなしにすることができます。Androidで対応端末の場合はPicture in Pictureを使用して他のアプリを見ながら動画を再生、なんてことも。

f:id:yabuoso:20190428095845j:plain
右下にYouTubeの画面を表示中

広告を消したい

 YouTubeで何が一番ストレスかって、やっぱり広告だと思う。(YouTubeの広告ってテレビよりウザいのが多い気がする)再生前の広告はまだいいとして、長めの動画の途中で差し込まれるものは特にイラッとしません?自動差し込みだから区切りも悪いし。
 Premiumだと当たり前ですが広告が消えます。動画の前にも、途中にも、動画の概要欄からもすべて!消える!

よかったこと

広告によるストレスがなくなった

 正直なところ、YouTubeの広告は確かにウザいものが多いとはいえ、まあ飛ばせばいいや〜くらいにしか思っていませんでした。しかし実際に広告がすべてなくなってみると、かなりストレスフリーになったんですね。途中で集中力が途切れるようなこともなく動画を最後まで見られるし、最後まで再生したらまた別の動画を再生してみようかな、という気になってくる。
 個人的にこれは驚きの効果でした。これまでそんなにYouTubeを使ったことがなかったのは広告が嫌いだったからなんだ!と気付かされたというか。後述の理由や「課金したんだから…」という気持ちがあるとはいえ(笑)、Premiumに登録してからというものYouTubeの再生時間は飛躍的に伸びています。

見る動画の幅が広がった

 バックグラウンドの再生や広告削除のおかげで、音楽のみが流れる動画や長めの動画に手が出しやすくなりました。

Mantra OM 528 hz - Música Tibetana de Meditación y Relajación - Sanación Interior - YouTube
 例えばこれ。チベットの仏教音楽になるんですが、主に瞑想やヒーリングに使われることが多いんだとか。個人的には本当に身動きが取れないほどの満員電車に乗り込む羽目になったときに流して心を落ち着けています、、頭を肘で殴られたりする*1から、、

「変わり者」といわれ、傷ついているあなたへ - YouTube
 人が話している動画をラジオのように聞き流すこともやりやすくなりましたね。最近のお気に入りはこの和尚様のチャンネル。話し方がゆっくりとしていて優しいので聞きやすい。

【アドラー心理学】10分で分かる「嫌われる勇気」 - YouTube
 短めのものならこれとか。忙しい人のための要約動画。

ヒロシキャンプ【みんな忙しいのでまたソロキャンプ】 - YouTube
 「山でシーシャ吸いたいよね」という欲求からアウトドア関連の動画をよく見ているのですが、「ヒロシです、、」のあのヒロシさんもYouTubeやってらっしゃるんですね。
 ヒロシさんの動画は余計なしゃべりやBGMがなく、自然の音と風景で構成されているので好きです。他のユーチューバー(有名な人たちは特に)はBGMとか効果音がうるさい人たちが多くて耳が疲れるなあって思うこと、ありません?

まとめ

 これを書いている今も焚き火の音を流しています。落ち着く。
眠れない夜に 焚き火の音【立体音響】 - YouTube
 他の動画配信サイトと違って玉石混交ではあるものの、そこがある意味YouTubeの美味しいところ。Premiumで新しい世界を発掘してみるのはいかがでしょうか。


 …なお、調子に乗って見まくっていたら20Gをあっという間に使い切ってしまったのでギガの使いすぎにご注意ください(びっくりした)。

*1:世の男性方はつり革を持ったときの肘の向き先にちょっとだけでも気を遣っていただけると嬉しい…高確率で後頭部に肘鉄を食らう