みやわきろく

インタネッツに雑念を放流する

桜の写真をちょっと良くするたったひとつのコツ

 関東より少し遅れて、関西はようやく桜が満開になりました。

f:id:yabuoso:20190407162615j:plain

 投票所である小学校の向かいに公園があったので、持っていたスマホで軽く桜を撮影。ここの桜は枝が低いので、花にかなり近づいて撮影することができます。

f:id:yabuoso:20190407162630j:plain


 さて、お花見に行って桜を撮影してみたけど、なんかきれいじゃないなあ…と思ったことはありませんか?「目に見えたものをそのまま写真に残す」ことはプロでも難しいことであるとはいえ、せめてもう少し「映える」桜の写真が撮りたい!と思っている方にとても簡単なコツをお伝えしたいと思います。

桜撮影のコツ

 桜、というより色の薄い花を撮るときのコツがあります。すごく簡単です。それは何かというと、

明るさを上げて撮る

これだけです。コンパクトデジカメでも、一眼レフでも、スマホでももちろんできます。「ちょっとこれだと白すぎるかな?」と思ってしまうくらいでちょうどいい。特に枝が高く、空が映り込むような環境だと効果抜群。

f:id:yabuoso:20190407162646j:plain

 この写真は逆光になりすぎているけどまあこれはこれで。

 特にスマホのカメラはすぐに撮影できるように調整されているので、桜のように白い花を撮影する際には白飛びしないよう明るさが暗めになってしまうことが多々あります。人物と桜、という組み合わせで撮影するのであれば人物の明るさを優先する必要がありますが、そうではなく桜だけを撮りたい!ということであれば思い切って明るさを上げまくってしまった方が「それらしく」撮れます。

f:id:yabuoso:20190407162638j:plain

 もう散ってしまっている地域もありそうですが、、、これから撮影する予定のある方はぜひ参考にしてみてください🙂