みやわきろく

思考のsandbox

アメリカからの国際書留を受け取った話

Ice Nine Killsというアメリカはボストン出身のバンドが好きでいつも音源を買っているんだが、そんなにメジャーなバンドでもないので、音源を手に入れようとするとちょっと大きめの、洋楽が充実しているタワレコでImport盤を取り寄せてもらって数週間…みたいなことがざらにある。
そんな彼らが、10月に「THE SILVER SCREAM」というアルバムを出した。

わたしはSpotifyでとりあえず聴くという選択肢を選んだんだけれども、Spotifyだとどうも歌詞が掲載されないらしいので、諦めてCDを手に入れることにした。

アメリカの、公式通販で。


Ice Nine Killsはアルバムの発売に併せてアパレルを展開することが多々ある。
パーカーとか意外と普通に着られるものがあるのでついでに買いたかった、というのも理由のひとつ(なんせ来日しないので現地に行くか、あるいは通販でしかグッズは買えない)。

公式通販を行っているMerchNowは日本への発送もしているようだったので、普通に会員登録して注文。

https://merchnow.com/products/v2/273104/screaming-girl-black
わかる人にはわかるデザイン

わたしが注文したパーカーは予約商品扱いだったらしく、1週間後に発送しましたメールが届いた。

f:id:yabuoso:20181102221255j:plain

「Track Your Shipment:」から追跡ができるのはありがたい。

画像のメールには記載されていないけど、送料は約20ドルだった。パーカーが35ドル、CDが8ドル*1なので合計で7,000円くらいかな。注文から発送までにタイムラグがあったのでいつのレートで計算されるのかが気になるところ。

荷物は税関で1日ほど留め置かれてから、最寄りの郵便局に到着していた。
追跡番号から問い合わせると「国際書留」となっていたが、実際の取り扱いは「特定記録」扱いだったようで特にサインもなしで受け取ることができた。各国で荷物の取り扱い方法に差があるということなのだろうか。

ちなみにパーカーはX-largeを買ったんだけど、思ったよりlarge感がなかったのでびっくりした*2
このパーカー、裏起毛で意外とあったかい。おすすめ。ライブの前後に着るにはちょうどいいかも。

実は5年くらい前だったか、超円高の時期*3に米Amazonで洋書を買ったことがある。個人での企業からの輸入はそれ以来久々だったんだけれど*4、アメリカからの個人輸入は下記をおさえていればなんとかなります。
・ドル建て決済が可能なクレジットカードがあること*5
・相手が海外発送に対応しているか確認すること
・住所は逆順に書く。「区」「市」は「-Ku」「-Shi」でもOK

海外バンドのグッズがほしいけど現地にはさすがに…という方。
通販はそんなに難しくないし、英語ができなくてもGoogle翻訳を駆使すればどうにかなる*6ぜひトライしてみてください。

*1:日本もこれくらいCDが安ければいいのにね…

*2:身長165cm。日本人女性としてはLargeだけどアメリカンLargeではないはず…?

*3:1ドル=80円とかだった

*4:個人-個人の輸入も経験ありました。シンガポールの方とのやり取りでした

*5:わたしはAmexを使いました。VISAかMasterなら問題ないと思う

*6:英語はそこそこ読めますが追跡で出てきた「Held in Customs」がわからなくてググりました。「税関通過中」だそうです