みやわきろく

思考のsandbox

東京シーシャ屋探訪 その1

わたしとシーシャの出会いは過去記事に書いたんだけども、

「行ってみたいけどお店の雰囲気とかわからなくて怖い」という人がいそうなのでシーシャ文化普及のためにお店の紹介をします。

行ったことのある店しか書かないしお気に入りの店を見つけたらそこに通いつめちゃうタイプだし主観モリモリなので迷ったときの参考程度にどうぞ。

今回はわたしが都内で一番お気に入りの店、はちグラムさんです。

 

 

はちグラムさんの一番の特徴は「メニューがない」ところ。

シーシャのフレーバーが200種類くらいあり、メニューが作れなくなったのでなくしたとのこと(笑)そのため味の自由度がかなり高く、いつ行っても本当に飽きない。

迷ったときは毎日Twitterにアップされる「オススメシーシャ」、通称「オスメシ」を頼むのもアリ。上のツイートのはわたしのお気に入りフレーバー。シャンパンミントとか頼むと貴族の気持ちになれる、気がする。

 

味の自由度が高いおかげか、もうひとつ各方面のオタク向けの利点がある。

なんと、合法的に推しを吸える

正しく書くと「推しのイメージフレーバーを作ってくれるよ」というやつなんだけど、これの中毒性がすごい。わたしのおすすめは「毎回違う店員さんに同じ推しで作ってもらう」というもの。

店員さんによって解釈が違って味も違うので、「あっっこの人にとっての(任意の推し)ちゃんってこういう味か〜!!!」と新しい発見ができるのでハチャメチャに楽しい。

わたしはPOIDOLの「AQUA BLUE」が出た頃に「夏の恋の味お願いします」と5回はオーダーした。店員さん各々の夏の恋の思い出を見た気持ちだった。

f:id:yabuoso:20181023182334j:image

そして絢瀬ナナ味を4回も頼んでいた自分にちょっと引いた。

 

吉祥寺店、高円寺店ともに持ち込み自由(匂いのきついものを除く)、缶ジュースはフリードリンク。

チャージはひとり500円(高円寺)または700円(吉祥寺)なので1000円ちょいで2時間ほどだらだら過ごせます。シーシャのシェアも可能。わたしはシーシャシェアしたことないけどね!友達と来ても各々推しフレーバー頼むよね!(おたくあるある)

 

都心から少し離れているものの、それ故なのか客層が落ち着いているところも好感。後日書くけど、池袋の某店は酔って絡んでくる奴とかいたから…あれめんどくさかったね。

たばこ税増税にも負けず値上げ無しで頑張ってらっしゃるので皆様ぜひ足をお運びください!とおすすめしたい気持ちと、「好きな店だからこそ秘密にしておきたい」という気持ちがせめぎ合っている。笑 でも紹介しちゃった。

 

ピアスとかイヤリングとかTシャツとかパーカーもある。かわいいのでこちらもぜひ。

 

はちグラム 吉祥寺店

Open: 13:00〜25:00

Address: 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-12 グリーンハウス伊勢平301

 

はちグラム 高円寺店

Open: 13:00〜25:00

Address: 東京都 杉並区 高円寺南 3-58-18 山本ビル3F