みやわきろく

思考のsandbox

ライブでの傷は勲章ではありません

身に覚えがある内容なので戒めがわりにシェア。

 

わたしももう2年位ライブ用の耳栓を愛用している。

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

CRESCENDO 耳栓 ライブ用 イヤープロテクター Music

 

当時ちょいちょい通っていたバンドの音響がやたら高音を強調するようなミックスになっていて、ライブ後の耳鳴りがどのハコでも本当にひどかった。このまま通い続けていたらさすがにまずいだろうと思い購入したのだが(郡山で一度紛失したので今使っているのは二代目にあたる)、買っておいてよかったかもしれない……経験者の言葉ほど重いものはない。

 

「耳栓してライブとか失礼ではないか」と考えていた時期がわたしにもあった。正直、最初は少し迷っていた。

③買ってくれた当時は耳栓をしながらライブに行くという人を見たことがなかったので、耳栓をしているところを見られたら周りの人に何か言われるのではないか ライブで耳栓してる方をあまり見かけたことがなかったので、私も最初はためらいました。 ですが、耳栓を装着している時に周りのバンギャさんに何か言われた経験はありません。

コメントへのお礼&耳栓についての質問への回答 - ばんぎゃるの音響外傷

ここでも書かれているが、わたしも何か言われたりしたことはない。し、周りで同じ耳栓をつけている人をちらほら見かけるようになったので、迷っているという人は周りを気にせずつけて構わないと思う。

 

休職したときに痛感したことだが、結局のところ自分の体と心を守れるのは自分しかいない。毎年インフルエンザにかかる人とかかったことがない人がいるように、耳が強い人も弱い人もいるだろう。耳の弱い人が無理をして大きい音を聞き続け聴覚に障害を負ったとしても、耳栓を非難した人たちが責任を取ってくれることなどないのだから、「わたしはわたし、あなたはあなた」の精神で堂々としていればいいと思っている。

 

と、ここまで書いて、前述の昔通っていたバンドのファンの中に、毎回ライブで青痣を作ってはTwitterに痣の写真をアップする人がいたのを思い出した。

ライブ中に怪我をするということはつまり周りが見えていないというわけで、それを堂々と全世界に公開するものなのだろうか……とモヤモヤしていたので自戒として*1タイトルにしておいた。

 

家に帰るまでがライブです。無理なく、怪我なく、ご安全に!

*1:ライブ後に酔って転んで痣を作りました。つい先月の話です